医療の世界にイノベーションを。
  • ホーム
  • 心臓突然死ZERO!アクション

心臓突然死ZERO!アクション

心臓突然死ZERO!アクションの試み

心臓突然死とは?

日本では、1日あたり平均して約130名が心臓突然死(予期しない24時間以内の内因死)で亡くなっています。その中には、働き盛りの50代、60代、若者である20代、30代もまた例外ではありません。

突然死とは?
突然死(とつぜんし、sudden death)とは、症状が出現してから24時間以内に死亡に至ることである。虚血性心疾患、心室性不整脈、大動脈瘤破裂、脳血管障害、てんかん重積発作、喘息重積など死因が特定できるものと、解剖などによっても疾患の特定できない原因不明の突然死がある。
(Wikipediaより抜粋)

心臓突然死についてこんなデータが公表されています

1 日本人の心臓突然死は年間約5万人、1日あたり約130人
2 目撃者がいるのは約2万人で、うち1万人が応急手当を受けている
3 日本で実際にAEDが使用された人は約300人。日本に設置されているAEDは約20万台
4 1分間に経つごとに、7-10%助かる可能性が減っていく。分単位での心肺蘇生、AED使用が救命率向上につながる。
5 心臓突然死の80%が自宅で起こります(睡眠中、食事中、安静中)
6 自宅と駅での目撃率、心臓マッサージ率、AED使用率、生存率はそれぞれ、31.51%、16.44%、6.40%、2.15%

明確な死因が分からないことも多い心臓突然死は、あまりにも急激な死であること、交通事故などのように問題の対象が明確でないこともあり、残された遺族が運命として諦めている事例も少なくありませんが、そんなことは決してありません。

医学の進歩により、生活習慣の改善による予防、健診による兆候の発見、AEDの使用による心臓マッサージなど、私たちが身の回りの一歩としてできる、大切な命を守るためのアクションがあります。

こうした身近に潜む問題に気付いてもらうこと、解決のための一歩を歩んでいくことが、心臓突然死ZEROアクションです。AMPは当プロジェクトを全力でサポートしていきます。

今までの公開市民シンポジウム一覧

第3回 予知・予防の方法を知る

第2回 原因と病気を知る

第1回 日本の実態を知る

ページ上部へ